赤城自然園・・・その2

昨日、年間パスポートを買った赤城自然園へ、パスポート代の元をとるべく出かけました(^^ゞ
今回は午前10時と午後1時の1日2回行われる園内ガイドツアーをお願いしました。
園内ガイドツアーは料金はかからなくて、詳しくいろんなお話が聞けてたいへんよかったです♪
春は1週間違うと全く違う花が咲くので、いつ出かけても見どころ満載です。
週1で出かけるぞ(^O^)/

園内に入ってすぐ、中国産のシャクナゲが何本も。ちょっと違った咲き方でしょう。
花が垂れさがるように葉っぱの間に咲いています。
e0205713_14494034.jpg

下から見上げて・・・
e0205713_14502059.jpg

日本シャクナゲ
e0205713_1452122.jpg

近寄ると・・・、細長い葉っぱの上に花が咲いています。
e0205713_14532084.jpg

雌しべが10本あるのが、トウゴクミツバツツジ
e0205713_14534132.jpg

ヤマブキソウ
e0205713_1454058.jpg

ザイフリボク(ジューンベリーの仲間です)
e0205713_1454511.jpg

西洋シャクナゲ
e0205713_14552792.jpg

同上
e0205713_14571663.jpg

キバナカタクリ
e0205713_14574076.jpg

白ミツバツツジ
e0205713_14575793.jpg

霞桜(ヤマザクラの仲間)
e0205713_14583186.jpg

クロフネツツジ
e0205713_14592839.jpg

ヒカゲツツジ
e0205713_151525.jpg

イカリソウ
e0205713_151154.jpg

同上
e0205713_152546.jpg

フデリンドウ
e0205713_1543273.jpg

ユキザサ
e0205713_1544429.jpg

ヒイラギソウ
e0205713_1551088.jpg

シラネアオイと日本シャクナゲ
e0205713_157821.jpg

シラネアオイ 蕾
e0205713_1571613.jpg

シラネアオイ
e0205713_1573788.jpg

シラネアオイ いっぱい~
e0205713_1581369.jpg

上を見上げるとブナの新緑
e0205713_1592999.jpg

ブナ林です。根元がくっと曲がっているものばかりでしょう、それは日本海から吹き付ける雪の重みで曲がって育った山形産のブナの木だからですって。
e0205713_1511408.jpg

シロヤシオ 蕾(後三日くらいで開花するとか…)
e0205713_1513798.jpg

ルイヨウボタン
e0205713_15135751.jpg

ツバメオモト
e0205713_15151659.jpg

待ちに待ったヤマシャクヤクの開花です♪
e0205713_15171828.jpg

大株のヤマシャクヤク
e0205713_1517727.jpg

アップ
e0205713_15175515.jpg

三角点がある広場では、サンショウバラがたくさん植えてあります。まだただの棒でしたけど~
標高が高いので霞桜が見頃
e0205713_1520313.jpg

ハナノキ 楓の仲間で今赤く垂れさがった花が咲いています。
とても貴重な木らしく、岐阜県と長野県にしか自然で見られないとか・・・
e0205713_1518057.jpg

ウスバサイシン
e0205713_15221917.jpg

ラショウモンカズラ
e0205713_15225075.jpg


e0205713_15234699.jpg


e0205713_1524203.jpg

今回ガイドツアーをお願いして、一緒に回ってくださったガイドさんがとても詳しい方で勉強になりました。
この自然園は35年前から造成し、各地から植物を運んできて植えつけたそうです。
アカヤシオやシロヤシオなどは高地に生えているものを、高度を少しずつ下げて慣れさせ5~600mの自然園に植えたとか・・・
樹齢100年を超えるものもあるとか・・・
ブナは、大きいものを大型トラックで山形から何本も運んで来たとか・・・
今では貴重なハナノキも何故か園内に何本も植えられていますし・・・
ちゃんと名前や物語を知って見るのはとても楽しいし、興味深いことだと思いました。
昆虫や鳥もたくさんいて、何度教えてもらっても聞き分けられない野鳥の声もいい声でしたよ♪
関東近県の方は是非お出かけになっていただきたいと思いました。



そうそう、先日は外から見るだけだった「天地の湯」に入ってきました。
e0205713_15545648.jpg

ここから先はダメですよ~( ´艸`)
e0205713_15553647.jpg

入りやすいお風呂なのですが、温度が熱くて・・・
草津のお湯ほどではないにしても、熱かったですし、水を足すことができません。
熱めのお湯でも大丈夫な方は、露天風呂もロケーションがいいですし、入りやすいお風呂の作りになっています。
[PR]
トラックバックURL : https://candyroses.exblog.jp/tb/21953270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 花小僧 at 2014-05-02 21:13 x
ガイドツアー 興味深いです。
すばらしい花が満載です。キバナカタクリってあるんですね。
イカリソウの葉に斜めの方向線を感じます。フデリンドウの青もいいですね。シラネアオイは名前は聞いたことありますがこのようなはっきりした姿は始めて見ました。色合いもきれいです。
空を見上げるとブナの新緑が鮮やかです。ブナ林のたたずまいもいいですね。きれいな空気を感じます。珍しいハナノキの花も貴重です。これはガイドツアーで味わえる情報ですね。
お風呂はぬるめがいいです。自然に湧く温泉なんでしょうか。
Commented by Nonbiriojisan at 2014-05-02 22:21
こういうところがご近所で良いですね~ 雑木林の中を歩いているだけで
寿命が延びそうですね ヤマシャクヤクが良い!
Commented by momo at 2014-05-03 06:55 x
きれいに手入れされてるなあと思ったら、
作った自然園なんですね。
ものすごく、壮大な計画だなあ(*^_^*)
最近ニュースで吹上御所で新種の植物が発見されたとやってました、こちらもそういうものが発見されるかもしれませんね
良い運動にもなるし、毎日でも通いたいくらいですね(*^_^*)

お風呂、以前は暑いお風呂が好きだったけど、
ここ数年、お風呂あがるとじんましんがでるので、
ぬるいお風呂かシャワーで我慢してます・・・
温泉は旅行くらいでしか行ったことないですが、
成分だけでなく温度も違うんですね
Commented by Candyroses at 2014-05-03 19:12
> 花小僧さん

手渡された地図を見てウロウロするよりは、ガイドさんに案内してもらう方が迷わずにいけますし、裏話も聞けるし楽しかったです♪
帰りがけに受付の人に「ガイドさんの指名ってできますか?」って聞きましたが、日によって違うと言われました(^^ゞ
フデリンドウは小さい頃遠足で見かけていたので懐かしかったです。
シラネアオイは草津白根山に群生しているらしいのですが、こんな近くで見ることができてラッキーです♪
珍しいものがまだいっぱい植えてあるそうですし、まだ開園していない土地が60haもあるとか…
西武の羽振りが良かったころにお金に糸目をつけなかったようです。でも、そのおかげで楽しめてます( ´艸`)
天地の湯は7千万年前の化石水と書いてありました。
飲めませんが、かかった飛沫がしょっぱいったら~!!(゚ロ゚屮)屮
私や友人は熱いのでちょっと入ってやめましたが、ちっとも熱くないよと言って長湯されている方はいました。
熱さの感じ方ですね(^^ゞ
Commented by Candyroses at 2014-05-03 19:16
> Nonbiriojisanさん

開園期間中は、週一で出かけてお散歩する予定です。
そうでもしなくちゃ歩かなくて…(^^ゞ
運動にもなり、精神安定にもよく、森林浴もできていいことばっかりです♪
休日は1000人超えの入場者で、レンゲショウマの時季はカメラ小僧が列をなすそうです\(◎o◎)/!
Commented by Candyroses at 2014-05-03 19:27
> momoさん

赤城山にいろんな植物がこんなに自然に生えているなんてありえませんものね~
生えていた木を切り倒して造成したので、最初のうちは非難ごうごうだったようです。
でも、今になってみれば貴重な植物がしっかり根付いて絶えることのないよう育てられているので凄いことだと思います。
ハナノキという楓の仲間はmomoさん地方育ちかもしれません♪
温泉ってお年寄りのイメージがありますよね( ´艸`)
でも、私は祖父の家が温泉旅館だったし、群馬は温泉県だから子連れでよく出かけてました。
じんましんがよくなるような温泉もあると思うけど、何が原因なのかわかるといいね(*^^)v
by Candyroses | 2014-05-02 15:53 | Trackback | Comments(6)