『赤城が一等好き』 芥川龍之介

今日は雲一つない青空。
午前中から気温がぐんぐん上がってきたので、裏山へ出かけました~
赤城山です♪
レンゲツツジがどうかなぁ?と思いながら登りましたが、まだまだ蕾だらけでした(^^ゞ

新坂平
e0205713_2025014.jpg

お昼ごろのここの気温が22℃。下界は30℃を超えてました・・・
e0205713_20285622.jpg

レンゲツツジの蕾
e0205713_204891.jpg

咲いているレンゲツツジ
e0205713_206440.jpg

レンゲツツジではないツツジ(^^ゞ
e0205713_205293.jpg


新坂平の観光案内所に『白樺の森文学コーナー』があります。
その中に・・・
e0205713_19575133.jpg


芥川龍之介の言葉だそうです。

≪芥川の親友、法学者の恒藤恭(松江出身、大阪市立大学初代学長)と云う人が芥川等と卒業旅行した時の紀行文「赤城の山つつじ」(松陽新報1913年7月)に書かれている≫

知りませんでしたぁ~(-_-;)
富士山が一等じゃないんだぁ~!!(゚ロ゚屮)屮


では、文人たちが愛した?赤城山の今の様子です♪

ハルセミの大合唱なので、どうにか撮りたいと思ったけど無理。でも新芽が綺麗でしょう♪
e0205713_20202388.jpg

で、そのハルセミ(俳句では松蝉)の死骸が落っこちてました。体長3cmくらいです。
e0205713_20224847.jpg

新緑の間にヤマツツジが佳いでしょう(←龍之介の真似)
e0205713_20233284.jpg

見晴らし台から臨む、手前・覚満淵、奥・大沼
e0205713_2025458.jpg

黒檜山
e0205713_20262443.jpg

赤城 大沼
e0205713_20303972.jpg

赤城神社
鳥居に願をかけて石をのせるなんて、されたことありますか?
小さい頃を思い出して投げたら2回目でのっかりました♪
のせるのに一生懸命で願をかけるの忘れてたぁ・・・
e0205713_20313176.jpg


e0205713_2038436.jpg


e0205713_20374234.jpg

本殿の後ろ側に回る道があるので、少し入って行ったら何か怪しい足跡。
この写真で分かりますか?
e0205713_20422454.jpg

鹿?と思いましたが、友人が猪だったら怖いからってそこでUターンして帰りました。
レンゲツツジの見ごろですが来週~再来週だそうです。
近いので真っ赤に染まる新坂平を見にまた出かけようと思います♪
[PR]
トラックバックURL : https://candyroses.exblog.jp/tb/20604208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mini4rose at 2013-06-04 21:39
こんばんは

とても素晴らしいところですね。
気分がスッキリしますよ(^^)
芥川さんが好きなのも分かります。
我が家の近くにもこのような場所があれば良いのですが、いかせん田舎なもので・・・(笑)

最後の足跡・・・あれは・・・いや、これ以上は言えません。
Commented by 花小僧 at 2013-06-04 22:55 x
下界とはだいぶ温度差がありますね。
大沼とか赤城神社は行ったように思います。
ツツジの季節に行ったことはありませんでした。なにか静かな雰囲気ですね。ハルセミは知りませんでした。
見晴台は、かなり登るんでしょうね。このアングルいいですね。
足跡は何でしょうね。
Commented by Nonbiriojisan at 2013-06-04 23:04 x
赤城山が裏山だなんてすごいな~ ”うらやま”しいな~
大沼はうらぬまなんだろうな~ 気宇壮大になるな~
天気が良くて最高! 
Commented by momo at 2013-06-05 08:32 x
こちらは梅雨の晴れ間で、今週は暑い暑い。
今日から子供が愛知の日間賀島へ2泊の研修へ行きました。
地引網やサンドアートなどするそうです。岐阜は海がないから、新鮮かも。
赤城山、素敵なところですね。
3センチのセミ。どんななき方なんでしょう?
次のお写真がとっても素敵です。かなり奥深いのでしょうか?
芥川龍之介が「一等」とつけたのに、うなずけますね(*^_^*)
鳥居に石をのせる習慣があるのですか?それはこの神社だけなのでしょうか?
Commented by じじゅん at 2013-06-05 11:03 x
いいところですね。赤城山、国定忠治としか思い浮かばないのは認識不足はなはだしいですね。

つつじはそうまで好きになれないのだけど、れんげつつじはいいですね。以前、全山赤になる、と書かれていましたよね。
九州は山のほうで、みやまきりしまが満開になっていると、TVニュースで言ってました。

はるせみ、なんているのですか、勉強になるなあ!
Commented by Candyroses at 2013-06-05 13:41
> mini4roseさん

四季折々に佳さがあるのですが、近すぎてあまり出かけないんですよね~
地元の人などはほとんど出かけないみたいですもの。
田舎では負けませんよ( ´艸`)でも、mini4roseさん地方は海が近いのでしょう♪
羨ましいなぁ~
そうそう、都道府県別ランキングで、群馬県が最下位脱却(46位)、北関東3県でワンツースリーでした~┐(´д`)┌ ヤレヤレ
Commented by Candyroses at 2013-06-05 13:55
> 花小僧さん

レンゲツツジの開花には少し早いのですが、観光バスが何台も来ていました。
ルートとして赤城神社も回っているみたいで、静かな境内が賑やかになっていました。
ハルセミは、ツツジの頃にうるさいように鳴いていて、何か分からなかったのですが、観光案内所で聞いたらそう教えられました。
見晴らし台は大沼より東で小高くなっています。
大沼と反対を向くと桐生方面がみえるのですが、そこに昭和30年代にあったケーブルカーの廃線跡がそのまま残っています。
そこを階段で下ると御神水がわいています。
一度降りて登るのに足が上がらない経験をしたことがあります(^^ゞ
Commented by Candyroses at 2013-06-05 13:57
> Nonbiriojisanさん

ん? なんだか小父さんギャグっぽい( ´艸`)
「裏沼」って、面白いです(*^^)v
今度、大沼の花火を見に行くことがあったら、「裏沼で花火見ようか♪」と言おうかな( ´艸`)
Commented by Candyroses at 2013-06-05 14:08
> momoさん

梅雨入り宣言しなかったらよかったのに・・・というお天気の良さですよね。
お天気いいを通り越して、暑すぎる!!!
岐阜は愛知に研修旅行なんですね♪
こちらも海なし県だから、小学校で新潟に行きます。中学は大沼で林間学校&カッター漕ぎです。
ついでに埼玉県の林間学校は赤城なんですよ。

ハルセミの鳴き方はこれ↓ですが、大量のセミなので物凄い音がしているんですよ。
http://uns.music.coocan.jp/semiSWF/haru-Semi.html
写真の場所は、ツツジを保護するために有刺鉄線で囲ってあるので草木がぼうぼうです。もっと奥に行くと野原になっているんですよ。
鳥居に石ってしませんか・・・
群馬出身の友人も初めてらしいです。
私は九州だから、地方によってもちがうのかな?
観光地でも鳥居に石がのっている神社を見かけますがどうなのかしら( ´艸`)
Commented by Candyroses at 2013-06-05 14:15
> じじゅんさん

実は私も「赤城=国定忠治」しか・・・(^^ゞ
たぶん県民も知らない人が多いと思います。
もっと赤城山の佳さをアピールするべきだなぁと思いました。

レンゲツツジは近くだとオレンジと赤を混ぜたような色ですが、遠目だと赤に見えます。
1枚目や2枚目の写真は平な場所ですが赤く染まりますし、小高い小さな山は真っ赤になります。
ポイントポイントで開花の時期がずれるので、カメラマンは何度も出かけないといけないんですよ( ´艸`)
ミヤマキリシマも見事でしょうね~.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
ハルセミの鳴き声はこれです↓
http://uns.music.coocan.jp/semiSWF/haru-Semi.html
by Candyroses | 2013-06-04 20:48 | Trackback | Comments(10)